子供がエレクトーンやピアノに、興味を持ち始めることがあります。
そのときに、エレクトーンかピアノか決めなければいけません。
でも、メリットとデメリットを把握していないと選ぶことが出来ませんよね。

そこで、今回はエレクトーンとピアノどちらを習わせる?メリットデメリットについて紹介します。

エレクトーンのメリットとデメリットについて

エレクトーンは、鍵盤が2つと足用の鍵盤が1つあります。
また、ボリュームを調整するペダルや音やリズムを調整するボタンがたくさんあります。
慣れるまで、難しく感じますが、エレクトーンにはメリットとデメリットがあります。

メリット
・鍵盤が軽いので、子供でも簡単に演奏することが出来る

・音楽のジャンルが幅広いので、リズム感を身に付けることが出来る
・手と足を両方動かすことが出来るので、前頭前野の働きはが活発になり、記憶力が良くなる

デメリット
・ジャンルは幅広いですが、楽譜が少ないので練習が行いにくい

・ピアノのように右手を動かすことはない
・1度壊れてしまうと、買い替えが必要な場合が多い

エレクトーンは、いろいろな音を出すことが出来るので、リズム感や音感が身に付きます。
でも、ピアノのように両手を使うことがないので、右脳の働きはあまりないのが事実です。
メリットもデメリットも理解していると、子供の特徴に合わせて選びやすいです。

ピアノのメリットとデメリットについて

ピアノには、鍵盤が1つとパダルが3つ付いています。
ピアノは、おもちゃでも売っているので、子供は親しみやすくなっています。

メリット
・鍵盤で押す力で音色が変わるので、演奏によって表現力を身に付けることが出来る
・ピアノは歴史が長いので、楽譜が多くある

・左手も動かすので、右脳の働きが活発になり、言語力が働く
・メンテナンスをきちんと行っていると、長期間使用することが出来る

デメリット
・鍵盤が重たいので、子供は初め引きにくさを感じてしまう
・ピアノを弾く正しいフォームを身に付けないと、指の変形が起きてしまう可能性がある

ピアノは、音色で表現することが出来るので、子供にとってとても良いです。
でも、鍵盤が重たいので、初めに正しいフォームを身に付けないといけません。
指の変形が起きてしまう可能性があるので注意しなければいけませんよ。

まとめ

子供がピアノに興味を持ったら、エレクトーンかピアノか決めなければいけません。
親がエレクトーンとピアノの特徴を把握していると、選びやすです。
また、初めに子供に両方引かせてみて、興味を持った方を習わすのも1つの方法です。

エレクトーンやピアノは、脳にとても良い影響を与えてくれます。
今後の学習面でも、エレクトーンとピアノは大きな影響になるので、興味を持ったのであれば習わしてみても良いと思います。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント?

6歳までの幼児教育の有無が、小学生以降の学力差につながるってしってました?

ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、6歳までの幼児教育の有無で学歴・年収が決まると発表され、世界は大きな衝撃を受けました。


子供の賢さは、遺伝ではなく、6歳までの幼児教育の有無によるとのことです。

東大卒や医者など高学歴家庭が早期から幼児教室へ通わせているのは、この事実を知っているからなのです。

子供を賢く育てたい方は、幼児教育をしっかりしてあげてくださいね。

子どもの頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



ベビーパークは、あの七田チャイルドアカデミーより良いと人気の幼児教室です。

フラッシュカードに加え、運動能力も高め、七田よりも教室が広くゆったりと受けられます

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます。



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



幼児期のひらがな・計算の詰め込み教育は意味がありません!

キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常レッスンを体験できます。



3:月刊ポピー



無駄な付録が一切なく、月980円で、教科書に準拠し先取り学習できます。