子供が、ヤマハ幼児科のピアノ教室に通うことがあります。
ヤマハ幼児科からJ専へ進むには、どのようなオーディションがあるのか気になります。
また、J専へ進んだ方が良いのかも悩んでしまいます。

そこで、今回はヤマハ幼児科からJ専へ進むオーディションとは?について紹介します。

ヤマハ幼児科からJ専へ進むオーディションとは?

ヤマハ幼児科のピアノ教室に通っているのであれば、出来るだけJ専へ進んで欲しいと考える親は多くいます。
でも、どのようなオーディションがあるのか気になります。

ヤマハのJ専へ進むには、2年間ヤマハ幼児科を終えなければいけません。
その2年間で、講師が実力があると認めてくれると、J専へ進むことがあります。
講師の推薦がなければ、J専へ進むことが出来ないのです。

また、J専に進むことを決めると、その先もピアノを続けることが必須です。
ピアノを続けることが前提であることを頭に置いておきましょう。

J専へ進むオーディションは、実際にはありません。
J専へ進みたいのであれば、ヤマハ幼児科のときに、講師から推薦がもらえるように努力してみて下さいね。

J専へ進んだ方が良いの?

親であれば、ピアノを習う決めたら、しっかり習得して欲しいですよね。
でも、子供の意思も大切にしてあげて下さい。
子供が学びたいと言う意思があるのであれば、J専へ進んでも良いと思います。

J専は、ヤマハ幼児科のときとは違い、とてもピアノの練習を行わなければいけません。
それが子供にとって、負担になっていないかも考えてみてあげて下さいね。

また、J専へ進むと、ヤマハ幼児科のときより月謝が高くなってします。
J専の月謝は、15000円〜18000円ほどで、少し高めです。
すぐに辞めることもなかなか出来ないので、継続する意思や経済的に負担でないかも考慮してみて下さいね。

まとめ

ヤマハ教室のJ専に選ばれるのは、子供に才能があるからです。
もし、ヤマハ幼児科のときに推薦されたら、出来るだけ子供の才能を伸ばしてあげて下さいね。
でも、子供がピアノを継続する気持ちがない場合は、控えてみて下さい。

ヤマハ幼児科より、練習時間も長くなってしまうので、子供がピアノを嫌いになってしまう可能性があります。
また、継続するにあたって、親も練習に付き合わなければいけません。
その覚悟をしっかり持つことが出来る場合は、J専へ進んでくださいね。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント?

6歳までの幼児教育の有無が、小学生以降の学力差につながるってしってました?

ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、6歳までの幼児教育の有無で学歴・年収が決まると発表され、世界は大きな衝撃を受けました。


子供の賢さは、遺伝ではなく、6歳までの幼児教育の有無によるとのことです。

東大卒や医者など高学歴家庭が早期から幼児教室へ通わせているのは、この事実を知っているからなのです。

子供を賢く育てたい方は、幼児教育をしっかりしてあげてくださいね。

子どもの頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



ベビーパークは、あの七田チャイルドアカデミーより良いと人気の幼児教室です。

フラッシュカードに加え、運動能力も高め、七田よりも教室が広くゆったりと受けられます

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます。



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



幼児期のひらがな・計算の詰め込み教育は意味がありません!

キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常レッスンを体験できます。



3:月刊ポピー



無駄な付録が一切なく、月980円で、教科書に準拠し先取り学習できます。